思いthought

SDGs

私たち香木家は、
SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

01/SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称のこと。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年からの15年間で達成するために掲げた目標です。

2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17の目標とそれらを到達するための具体的な169のターゲットで構成されています。

02/香木家のSDGsへの取り組み

香木家は、国連が提唱する持続可能な開発目標につなげ、建設業として地域社会の課題を抽出し、それらの課題の解決と共生をしていく事業を積極的に推進していきます。

物の豊かさだけではなく、心の豊かさを目指し、環境やエコロジーといった地球規模のテーマもしっかりと見据える事が現代のものづくりに携わる企業としての責務と、とらえております。

『すべての人に健康と福祉を』

環境性能に優れた住宅は健康を増進させます。
香木家が積極的に取り入れている『通気断熱WB工法』を活用することで、夏涼しく、冬暖かい快適な健康システムを作り出すことができ、老若男女すべての家族が快適に安心して住まう事が出来るのです。
さらに、従来の高気密高断熱住宅の構造では、室内の湿気や臭い、有害な化学物質までも閉じ込めいた問題点にも着目し、『透湿気密』と言う構造も取り入れることで、シックハウス症候群を防ぎ、住む人の健康を守りたいと考えています。

『住み続けられるまちづくりを』

住宅建設を工夫して、この播磨の地を中心として、より良いまちづくりを行います。
香木家では、既築住宅も暑い・寒いをなくし、安心安全、快適で健康な暮らしを目指す性能向上リノベーションも行っています。地域に残すべき価値のある住宅を活かし、且つ、地球温暖化対策に大きく貢献する取り組み、持続可能な社会・街づくりに貢献します。

『陸の豊かさも守ろう』

持続可能な形で森林を管理し土地の劣化を食い止める
日本での森林面積は国土の約66%。そのうち4割が人口林です。国産無垢材を積極的に使用する事で、持続可能な供給源を利用した地産地消が実現できます。
こうした取り組みは森林の破壊と劣化を防ぎ生物種の生息や淡水の水質改善、土壌浸食や土地の劣化低減そして大気中への炭素排出量も抑える事が出来るでしょう。

香木家の思い
お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ お知らせ
お問い合わせ 資料請求