お問い合わせはこちら

「設計課コーナー」 No237【2月号】

今回は『造作家具』をご紹介します。

造作家具の良い点はお客様の使い勝手や希望のサイズにピッタリ合った家具を作ることができるところです。

また、大きさが自由に選べるので空間を無駄なく使うことができます。

既製品の家具の場合、床の色と微妙に合わないなど多少の違和感がありますが、造作家具の場合は床材と同じ材料で作ると色目も合って、空間に統一感を持たせることができます。

珪藻土を壁や天井の仕上材として使用することで室内の余分な湿気を吸着し、室内が乾燥しているときは湿気を放出して湿度調整することができます。

今のジメッとした梅雨の季節の強い味方になってくれます。

-香木家だより

関連記事

新着記事一覧

  • 「『食材の効果』を調べてみました」No246【11月号】
    「『食材の効果』を調べてみました」No246【11月号】
  • 「今月の砂川社長」 No246【11月号】
    「今月の砂川社長」 No246【11月号】
  • 「ミニ情報コーナー」 No246【11月号】
    「ミニ情報コーナー」 No246【11月号】
  • 香木家からのお知らせ No246【11月号】
    香木家からのお知らせ No246【11月号】
  • 「設計課コーナー」 No246【11月号】
    「設計課コーナー」 No246【11月号】

その他一覧

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ
資料請求