お問い合わせはこちら

「ミニ情報コーナー」 No233【10月号】

人はさまざまな表情をみせる月に魅せられ、月に名前をつけてきました。

その名前がすばらしく、出てくる月の気持ちになったり、待ちくたびれる人の気持ちになったり、とても洒落ています。

そんな月の名前をご紹介します。

例えば月齢15日目の十五夜(満月)は日没とともに東の空に昇り、明け方には西の空に沈みますが、
これ以降は月の出が約50分ずつ遅くなっていき、これにより名前が変わっていきます。

月の名前

ほかにも上弦の月、下弦の月、有明月など色々な名前がついています。

-香木家だより

関連記事

新着記事一覧

  • 「工事課コーナー」 No233【10月号】
    「工事課コーナー」 No233【10月号】
  • 「設計課コーナー」 No233【10月号】
    「設計課コーナー」 No233【10月号】
  • 「今月の砂川社長」 No230【7月号】
    「今月の砂川社長」 No230【7月号】
  • 「工事課コーナー」 No230【7月号】
    「工事課コーナー」 No230【7月号】
  • 「『食材の効果』を調べてみました」No230【7月号】
    「『食材の効果』を調べてみました」No230【7月号】

その他一覧

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ
資料請求