香木家だよりInformation

香木家だより「ミニ情報コーナー」 No248【1月号】

七草がゆの効果をご存じですか。

正月7日に新しい1年の無病息災を祈って食べる七草がゆ。七草は様々な効能を持っているため、お正月料理で疲れ気味の胃腸の調子を整えるためにもおすすめです。
七草の効果を調べてみました。

セリ:
栄養価が高く、高血圧や動脈硬化の抑制や独特の香りが食欲を刺激する効果や胃腸の調子を整える整腸効果もあります。

ナズナ:
高血圧、解熱、利尿、止血に効果あり。

ゴギョウ:
咳止め、痰切り、のどの炎症、利尿に効果があるとされています。

ハコベラ:
鎮痛効果、止血効果、利尿効果をはじめカロテノイドやフラボノイド、サポニンも含まれています。

ホトケノザ:
健胃効果、整腸効果、高血圧予防に効果があります。

スズナ:
スズナは蕪(カブ)のことで胃炎、便秘、がんの予防効果のほかに胃腸の調子が悪い時にも効果があります。

スズシロ:
大根のことです。食物の消化促進や消化不良の改善、二日酔い、発熱、冷え性に効果が。

お粥だけでは物足りないといわれる方には、小さく切ったお餅を入れるのもボリュームがUPしておすすめです。

七草がゆ

その他一覧