スタッフブログ"Staff blog"

スタッフブログ呼吸する木

こんにちは、広報担当です。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
 
前回のブログのテーマだった「サスティナブルな家づくり」の中で、
香木家は国産木材を積極的に使っているとお伝えしました。
 
日本特有の環境で育った国産木材こそが日本の木造住宅には最適である、
と私たちは考えています。
さらに、どこの山で育った木なのか、
産地や生産者がわかる家づくりを行っています。
 
日本特有の環境でいうと、ムシムシと熱い夏や空気の乾燥する冬など、
四季の移り変わりによって湿度や温度が大きく変化します。
国産木材はその変化に対応する機能や性質をもともと持っているのです。
 


たとえば、無垢フローリングとして使われることの多いスギは、
調湿効果があることで知られています。
 
調湿効果とは、周囲の湿度が高いときには湿気を取り込み、
逆に周囲の湿度が低いときには湿気を空気中に放出することで、
空間の湿度を調節する効果です。
 
まさに呼吸をするように、木が湿気を吸ったり吐いたりしてくれるおかげで、
夏も冬も快適に過ごすことができる、というわけですね。
 
デザイン的にかっこいいから、あるいは肌触りがいいからと、
無垢材を採用されるお客様も多くいらっしゃいますが、
本当の効果を実感できるのは、四季を一通り経験した後なのかもしれません。

その他一覧