WB HOUSEWBハウス 通気断熱WB工法


有機住宅

自然の通気を実現するカギは「透過」という発想。伝統的な家づくりの中に、そのヒントがありました。 
WB工法が着目したのは伝統的な家づくりの土壁の原理です。 
土壁は耐火性や吸湿性に優れ、昔から日本建築に欠かせないものでした。 
この土壁の原理を現代風にアレンジしそのメリットを応用して、化学物質を湿気と共に壁から透過させ屋外に排出する発想。 
通気断熱WB工法の誇る安全のポイントです。

  • 1.通気断熱WB工法の夏涼しく、冬暖かい 
    快適な健康システム
    通気断熱WB工法は、 
    (1)二重の通気層を設け、外側の通気層で焼け込みの熱を排出します。 
    (2)床下のひんやりした空気を内側の通気層の上昇気流にのせ、家全体を涼しくさせます。 
    (3)居室の湿気や化学物質が透湿壁を透過し、内側の通気層から屋外へ排出されます。 
    (4)冬は内側の通気を止めるために、形状記憶合金を組み込んだ専用部材によって通気をコントロールします。 
     
    これにより、室内の空気が浄化され、さらに冷暖房費を抑える事も出来、結露やカビ・ダニの心配がない健康的に暮らせる家を実現します。
  • 2.人の健康を支える
    従来の高気密高断熱住宅の構造では、室内の湿気や臭い、有害な化学物質までも閉じ込めてしまいます。 快適を求めるあまりに、シックハウス症候群といった弊害を生み出したのです。住む人が健康に暮らせるために考えられた、『透湿気密』と言う構造。 
     
    WB工法は、化学物質が湿気と共に透湿壁を透過することで、室内の環境をクリーンに保ちます。そのため、室内はホルムアルデヒドの濃度評価基準0.08ppm以下をクリアしています。独自の通気構造と透過のチカラ。シックハウス症候群が問題となる以前から研究を重ねてきた、確かなメカニズムです。
  • 3.透過のチカラとは
    湿気や湿気と結合している化学物質は透湿壁を透過し、壁体内の上昇気流にのり、屋外へと排出されます。
  • 4.透過のチカラの実証実験
    両方のカップには紅茶が入っています。その上には透明なグラス。 
    右の写真の仕切り板はビニールクロス、左の写真の仕切り板にはオリジナルクロスが貼ってあります。 
     
    2~3分後
    左のグラスは曇っていますが、右のグラスは曇っていません。 
    左のグラスを嗅いでみるとかすかに紅茶の香りがします。 
    紅茶の湿気(湯気)は透湿壁を通ってグラスへと透過したのです。 
    紅茶のカップが居室、グラスが壁の通気層とお考えください。
5.家の健康育む自然な空気の流れ
日本の風土には、特有の高い湿気と夏冬の温度差といった特徴があります。 
この過酷な環境の中で、家の健康を維持するには、湿気による蒸し腐れを解決しなければなりません。 
WB工法は、木の呼吸(調湿能力)で余分な湿気をなくし、更に自然な通気構造を組み込んで、家が呼吸しているような快適性を追求しました。 
その結果、蒸し腐れの心配は無くなり、結露知らずの丈夫な家が実現したのです。 
現代の住宅がめざす健康・高耐久・省エネのヒントは日本の伝統的な家づくりの中にありました。

  • 6.家づくりから考える地球の健康
    WB工法は地球に優しい家づくり。 
    日本建築から学んだ独自の構造は、夏には通気性がよく、冬には高い保温性を発揮します。室内温度を効率よく調節できるので、冷暖房を過剰に使う必要はありません。WB工法は省エネを生み出し、さらにCO2削減、地球温暖化防止へと繋がっていきます。 
     
    生活において健康やエコロジーと言った価値基準が、大きなウエイトを占めるようになりました。 
    今、私たちに出来る身近なエコロジー。WB工法はこれからの家づくりの形です。 
     
    その確かな技術と成果は、大臣認定へ。通気断熱WB工法の透湿・透過構造の考え方が、国に認められました。 
     
    WB工法は透過のチカラによって、室内のホルムアルデヒド濃度評価基準0.08ppm以下をクリアします。家の構造から健康・省エネ・耐久性を追及した革新的な発想。その成果が大臣認定へとつながりました。 
    (建築基準法施工令20条の7 認定番号RLFC-0001) 
    通気断熱WB工法は、今や全国へと広がる、安心の家づくりです。 
    (WB工法の家は、第三種換気を設置しています) 
     
    通気断熱WB工法は、今や全国へと広がる、安心の家づくりです。

見学会参加・展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ