「『食材の効果』を調べてみました」 No219【8月号】

今回は、夏が旬「オクラ」です

オクラの原産地はアフリカ東北部と言われ、古代よりエジプトで栽培されていたそうです。
名前の「オクラ」はカタカナで書きますが、これは外来語に対して使われるのと同じで、
「オクラ=OKRA」は英語名なのです。

●ぬめりが体にいい!
 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタンやペクチンなどの食物繊維で整腸作用を促し
 コレステロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸がんを予防する効果があり、
 最近では脳細胞を活性化させるため痴呆予防の効果も期待されています。

●緑黄色野菜βカロティンも豊富!
 βカロテンはガンの抑制作用や免疫を活性化させる作用で知られていますが、
 その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持、喉や肺など
 呼吸器系統を守る働きがあります。

●カリウムやカルシウムも豊富!
 カリウムにはナトリウム(塩分)を排出する効果があり、高血圧の予防や
 長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きがあります。
 カルシウムは骨を丈夫にし、健康を維持します。

オクラ

-香木家だより

関連記事

新着記事一覧

  • 「工事課コーナー」 No221【10月号】
    「工事課コーナー」 No221【10月号】
  • 『食材の効果』を調べてみました No221【10月号】
    『食材の効果』を調べてみました No221【10月号】
  • 「今月の砂川社長」 No221【10月号】
    「今月の砂川社長」 No221【10月号】
  • 「ミニ情報コーナー」 No221【10月号】
  • 「設計課コーナー」 No221【10月号】
    「設計課コーナー」 No221【10月号】

その他一覧

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ