「ミニ情報コーナー」 No219【8月号】

2019/08/25 掲載

今回は「冷房病」です

蒸し暑い日が続いていますが「熱中症」だけでなく「冷房病」にも注意が必要です。

冷房病の原因は?
冷房のよく効いた部屋から急に暑い屋外に出ると、自律神経が働いて
収縮した血管が開き汗を出して体温を放散します。

ところが冷房した部屋に長くいると自律神経が麻痺したり
暑いところと涼しいところを何回も出入りして自律神経が混乱すると、
切替がうまくいかず汗が出にくくなったり、
だるさや頭痛、肩こり、のぼせ、微熱、手足のしびれといった症状が出ます。
熱中症と症状が似ている場合もあるので注意が必要です。

 
冷房病の対策は?
①身体を内側から冷やさない
飲み物と食事に気をつけて、暑い時こそ栄養のあ
る温かいもの、飲み物では紅茶やプーアール茶、
ココアなどがおすすめです。

②身体を外側から冷やさない
冷房の効いた部屋に長くいると手足の毛細血管が収縮して、
体の中心に血液が集まります。
お腹を温めることで手足に血液が残り、冷えを感じることが少なくなるので、
腹巻などを使ってしっかりお腹を温めましょう。

③体をよく温める
冷えたらとにかくお風呂で温まることが大切。
38~40℃のぬるま湯がおすすめ。20~30分ゆっくりつかって温まりましょう。
入浴前後は水分補給もしっかりと。

-香木家だより

関連記事

新着記事一覧

  • 「工事課コーナー」 No219【8月号】
    「工事課コーナー」 No219【8月号】 (2019.08.29)
  • 「『食材の効果』を調べてみました」 No219【8月号】
    「『食材の効果』を調べてみました」 No219【8月号】 (2019.08.28)
  • 「今月の砂川社長」 No219【8月号】
    「今月の砂川社長」 No219【8月号】 (2019.08.26)
  • 「設計課コーナー」 No219【8月号】
    「設計課コーナー」 No219【8月号】 (2019.08.23)
  • 「営業課コーナー」 No219【8月号】
    「営業課コーナー」 No219【8月号】 (2019.08.22)

その他一覧

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ