「工事課コーナー」 No214【3月号】

工事課コーナーです。

今回は「セルロースファイバー」をご紹介。

 
当社が新築の断熱材に使用する「セルロースファイバー」は天然の木質繊維(新聞紙の残紙)から作られています。

高い断熱性能:
綿状の繊維が絡み合い、その繊維の中にも空気を内包しているので、優れた断熱性能を持っています。
木質繊維なので吸放湿効果もあります。

 
防燃性:
防燃処理がされているので、炎にも表面が焦げるだけで、万が一火災にあっても延焼は防げます。

 
ほかにも防音性撥水性防カビ性防錆性を持ち合わせた断熱材です。

セルロースファイバー

 
こんな実験も...
セルロースファイバーを吹き込んだ箱の中に防犯ブザーを鳴らしながら、ふたを閉めるとアラ不思議。
ブザーの音が聞こえません。
香木家展示場で実際に体感していただけます。

セルロースファイバー


セルロースファイバー
セルロースファイバーを吹き込んだふたをすると音が聞こえません

-香木家だより

関連記事

新着記事一覧

  • 「設計課コーナー」 No221【10月号】
    「設計課コーナー」 No221【10月号】
  • 「工事課コーナー」 No219【8月号】
    「工事課コーナー」 No219【8月号】
  • 「『食材の効果』を調べてみました」 No219【8月号】
    「『食材の効果』を調べてみました」 No219【8月号】
  • 「今月の砂川社長」 No219【8月号】
    「今月の砂川社長」 No219【8月号】
  • 「ミニ情報コーナー」 No219【8月号】

その他一覧

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ