「『食材の効果』を調べてみました。」No212【1月号】

今回は「お酒」の効果です。

お酒を適度に飲むことは健康に良いとされ、その効果は色々あります。

お酒の効果は
・胃の動きを刺激し空腹感が増し、食欲が増進する
・血管が広がって血行が良くなり、疲労回復の効果や血管の詰まりも防いでくれます。
・大脳皮質の抑制が開放され、緊張がほぐれます。
・ストレスの緩和(但し全てのストレスが解消されるわけではありません)

お酒の適量は
 一般的に約1~2単位のお酒が限度とされています。

酒類別の1単位は
・ビール:中ビン1本500ml ・日本酒:1合180ml
・焼酎:0.6合約110ml・ウィスキー:ダブル1杯60ml
・ワイン:1/4本180ml・缶チューハイ:1.5本520ml

毎日飲むのは肝臓に負担がかかるので週に2日はお酒を飲まない休肝日をつくりましょう。

-香木家だより

関連記事

新着記事一覧

  • 「今月の砂川社長」 No222【11月号】
    「今月の砂川社長」 No222【11月号】
  • 「ミニ情報コーナー」 No222【11月号】
    「ミニ情報コーナー」 No222【11月号】
  • 「設計課コーナー」 No222【11月号】
    「設計課コーナー」 No222【11月号】
  • 「工事課コーナー」 No221【10月号】
    「工事課コーナー」 No221【10月号】
  • 『食材の効果』を調べてみました No221【10月号】
    『食材の効果』を調べてみました No221【10月号】

その他一覧

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ