「ミニ情報コーナー」 No212【1月号】

2019/01/15 掲載

「初詣」を調べてみました。

初詣は1年の無事と平安を祈る行事です。本来は氏神様、またはその年の恵方にお参りをしていましたが、今ではそれとは関係なくお参りに行くのが一般的となっています。

神社の名前でご利益が判るそうなのでご紹介します。

『神宮』天皇の祖先神が祀られています ⇒ 平和、国家安泰、家内安全など万事
『天満宮』学問の神様、菅原道真公が祀られています ⇒ 合格祈願、学業成就など
『八幡宮』八幡神をご祭神としています ⇒ 必勝祈願、安産祈願、厄除け、長寿など
『稲荷』商業、農業の神様です ⇒ 商売繁盛、豊作祈願など
 ※これはあくまでも一例であり、各神社によって詳細が異なる場合もあります。

 
  
「参拝の方法」をご紹介します。

参拝は「二礼二拍手一礼」で。
①拝殿の正面に立ったら軽く会釈してから、鈴を鳴らします。
②賽銭箱にお賽銭を投げ入れます。
③二礼(2回頭を下げてお辞儀をします。)
④胸の高さで掌を合わせ、右手を少し下にずらして二拍手。その後指先をきちんと合わせて、祈りを込めてから手を下します。
⑤最後に一礼して終了です。

-香木家だより

関連記事

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ