秋のおわり

2018/11/22 掲載

こんにちは、設計課です。

朝晩の冷え込みが厳しくなり、一気に季節が前にすすみました。
急いで暖房器具を用意された方も多いと思います。

紅葉情報も『落葉』という声がきこえはじめ、まだ今年の紅葉を見ていないと、先日、書写山へ。

書写山

こちらは、もう少しの間 秋を楽しめそうです。 

紅葉とは対照的な、まだ青々として寒さに強い我家の宿根西洋あさがお。

夏の間は、わさわさと繁って日陰を作っていましたが、風が冷たくなって太陽の光が弱くなってくるとお互いの葉っぱの陰にならずきちんと一列に並び、効率よく陽の光を浴びるぞ、といいたげな姿。

少しでも冬の太陽の光と熱を取り入れたい葉っぱの気持ち、わかります。

私たちも、寒い季節だからこそ、陽だまりに特別な暖かさを感じます。

これは、一年を通し快適に暮らせる家づくりのためのパッシブデザインにもつながる考え方。

毎日の暮らしの中に、快適さへの小さなヒントがたくさんありますね。

-スタッフブログ

関連記事

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ