壁の中で空気が動く!?

2018/10/19 掲載

こんにちは、WB事業部の米澤です。

10月に入り、朝晩涼しくなってきました。
皆さんも体調を崩さないようにしてくださいね。

ところで、香木家の展示場には WB HOUSE 通気断熱WB工法の実演比較模型があります。

WB HOUSEと従来の高気密高断熱住宅との湿度の違いやWB工法の壁の中の通気層で空気が動いているのをご覧いただけます。
通気断熱WB工法 実演比較模型
比較実演模型です
 


空気の流れがよく分かるように床下部分に煙を入れます
 


壁の中の通気層の中で煙が上に上がっていきます

 

少し見えにくいですが、屋根のてっぺんから煙が出てきました。機械も電気も使っていないのに空気が動いています。

湿度が70%を超えるとアレルギーの原因のひとつといわれているカビやダニの発生率が高くなり、特に家の中で長い時間生活されている子供さんやお年寄りの方の健康に悪い影響を及ぼすこともあります。

WB HOUSE 通気断熱WB工法は居室の湿度を低くすることができるので体感的に涼しく感じることができ、またカビやダニの発生も抑えることができます。

無駄に冷暖房を強くかけることも少なくなるのでランニングコストも安くなりその上、壁の中の壁体内結露も防いでくれるので家も長持ちしてくれます。

そんなメリットがいっぱいのWB HOUSE 通気断熱WB工法の比較実演をぜひ、展示場に見に来てください。

-スタッフブログ

関連記事

展示場来場予約
資料プレゼント
お知らせ